処女膜再生手術でコンプレックスを解消することができる

自然には再生しない

悩む女性

処女膜がというのは膣の入り口にある粘膜のことです。これが性交渉やスポーツ、タンポンの挿入などで破れて血が出ることがあります。そんな処女膜は自然に再生することはなく、処女膜再生手術を受けることで再生できます。

もっと見る

運動で破れることがある

下を向く女性

美容外科やクリニックは女性のデリケートな問題を解消するために様々な治療が行なわれています。そんな治療や施術の1つに処女膜再生手術というものがあると知っている人は多くないでしょう。処女膜というと処女であることの証明だと多くの人は思っています。この処女膜というのは膣の入り口付近にある粘膜のヒダで、薄いピンク色をしています。これは元々完全な膜になっているわけではなく小さな穴が開いていて、生理のときはそこから血液を体外へ排出するのです。この膜は細かい血管が通っていて、初めて性交渉をする際に膜が傷つき出血や痛みを引き起こしているのです。また、性交渉以外でも処女膜は失われることがあります。例えば、激しいスポーツや開脚で自然に裂けてしまうことがあります。また、タンポンを入れたときに破れてしまうというケースもあるようです。では、なぜこの処女膜を再生させる必要があるのでしょうか。処女膜が自分の意図しない理由で破れてしまった場合、それがコンプレックスとなってしまうことがあります。それを隠すために処女膜再生手術を受けるという人もいるでしょう。また、トラウマをなかったことにするためという人もいます。他には夫婦関係やパートナーとの関係を改善したい人やより刺激的に過ごしたい人が処女膜再生手術を選ぶこともあります。処女膜再生手術を受けることで若返った気分になることができるという人もいるのです。自分の悩みを解消するために、美容外科やクリニックで処女膜再生の方法について相談しましょう。

手術のための費用

女性

処女膜再生手術を受けたいと考えている人はいろいろな美容外科やクリニックを比較してみましょう。プチ手術なら15万円前後で行えるというところが多いようです。きちんとした縫合手術だと約20万かかります。

もっと見る

医師の技術で選ぶ

笑顔

処女膜再生手術を美容外科やクリニックで受ける場合は医師の技術力を調べてから決めましょう。どんな資格や経歴のある医師が手術をしてくれるのかはとても大きなポイントです。口コミも参考になるでしょう。

もっと見る