未経験だという事の証明|処女膜再生手術でコンプレックスにオサラバ

自然には再生しない

悩む女性

処女膜は一度避けたら元に戻ることはないといわれています。処女膜というのは膣の入り口を塞いでいる膜のことで、これには生理の血液を排出するための穴が開いています。しかし、性交渉や激しいスポーツ、タンポンなどいろいろな理由でその膜が裂けたりちぎれてしまうのです。そんな処女膜が自然に再生するという噂がありますが、処女膜が自然に再生することはありません。なぜそういう噂があるのかというと、処女膜が初めて傷ついてからあまり間を開けずに性交渉をすることで、再度膣内が傷つき、血がでてしまうからです。また、経験が乏しい場合も潤滑油となる成分が不足しているので膣が傷つき出血することがあります。どちらも出血があるため自然に処女膜再生が起こったと勘違いされているのです。自然に再生することはなくても、美容外科やクリニックで手術を受けることで処女膜再生を行なうことができます。この方法では膣の入り口付近の粘膜を縫い合わせて膜を再生させるのです。しかし、全く膜がなくなってしまったという人も中にはいます。そういう人の場合は膣の粘膜を使って縫合し処女膜再生を行なうのです。この治療を行なうときには細い糸で丁寧に縫い合わせる技術が必要になります。これはとてもデリケートな治療なので腕のある医師の元で行なうといいでしょう。処女膜再生の手術にかかる時間は短く、痛みもあまりないので1日で全てを終えることができます。通院も必要なく手軽に行えるでしょう。